―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

竹馬の友は今日も大地を行く

「少年」について、どう感じる?「親友」とは、一般的にはどのように認識されているのだろうか。べつに考察するってことも無いよ。
トップページ >

ページの先頭へ

雨が上がった月曜の昼は料理を

いまどき珍しく、私の部屋は、クーラーも暖房器具もついていない。
よって、扇風機と冷たい緑茶を飲みながら過ごす。
先日、扇風機を動かそうと思い、弱にしたまま抱えてしまった。
その後、扇風機の歯が動かなくなったので「なんで?」と、考え直し,よく見た。
気付かなかったのが、回転に支障を出しているのは、まさかの自分の薬指だった。
ゆっくり抜くと、また元気に回転を始め、自分の指からは血がにじんできた。
痛さも感じる間もなかったが、気を付けようと思った。

よく晴れた平日の夜はカクテルを
久しぶりの出張の当日、初めて業務で一緒に過ごしたAさんという年配の方は、大柄な上司だ。
初めて会話をして以降オーラがあり、プラーベートな会話はちょっとだけしかできなかった。
その際、何気なくAさんの腕まくりした太い腕を拝見して衝撃を受けた!
大粒のパワーストーンブレスがかなりの数目に入ったため。
咄嗟に、天然石好きなんですね!と出てしまったほど。
にっこり笑ったAさんは得意げで、想像とはうらはらに子供っぽい表情で、それぞれのストーンの名前を教えてくれた。

よく晴れた金曜の昼はカクテルを

タリーズコーヒーでも、個人経営の喫茶店でもどこに入ってもコーヒーを飲める。
他にも、部屋でインスタントを入れても飲めるし、いろんな場所で

私が大好きなのがスタバだ。
どこ店でもノースモーキングと言うのが、喫煙の嫌いな私にとってお気に入りだ。
そのため、コーヒーの香りをより良く味わうことができる。
値段も安くはないが、上質の豆が使われているのでコーヒーにうるさい人にはたまらないだろう。
甘い物が好きなので毎回コーヒーと、つられて甘い物もオーダーしてしまうという落とし穴もある。

熱中して話す君と冷たい肉まん
夏らしいことをこのシーズンはしていないが、友人たちとさ来週、コテージをかりてBBQを行う。
いつものお決まりだけれど、まれに、息抜きになる。
男が少ないので、大変いっぱい準備をしないとな。
特に、重い物を運んだりが、女の人は苦手な人がたくさんなので、してあげないと。
なのだけれどたぶんみんなでアルコールを飲むからその時は、ワインをほどほどにするように注意しよう。

息もつかさず泳ぐ妹と観光地

今考えると、中学生のころから高校生までそんなに学習をしてこなかった。
周りが向上心を持って勉強していても、自身は課題で出された内容をしぶしぶやるといった感じだったと思う。
なぜか、短大に入学してから自分の好きな分野の勉強が始まると、内容がスムーズに頭に入るようになった。
それから、働き始め、見習いを過ぎて本当の業務になると、今度は頑張って学習せざるを得なくなった。
疲れたなんて思う暇もなく、ひたすら知識を取り入れる時期が続いた。
勉強続きの生活をしばらく体験すると、今度は高校時代に取り組まなかった勉強をやり直したいと思うようになった。
今では、同じことを感じている人が近くに何人もいる。

のめり込んで走る友人と花粉症
今日の夜は家族と外食なので、少年は嬉しくてしょうがなかった。
何を食べようかな、と夕方にはいろいろと想像していた。
ハンバーグやカレーライス、天ぷらうどんやざる蕎麦、なんてメニュー一覧には何が載っているのかと想像していた。
行く場所はこの前オープンしたファミレスだ。
お父さんの運転する車は、もうじきお店の駐車場に到着する。
お母さんは助手席でお父さんとお喋りしている。
お姉さんは少年の隣で、手鏡でニキビをチェックしている。
少年は車から飛び降りると、ドキドキしながら入り口の扉を開けて皆が来るのを待った。

ノリノリで吠える母さんとぬるいビール

ブームが去った今、任天堂DSにハマっている。
最初は、英検対策に英語漬けや英語関係のゲームソフトを使っていただけだった。
だけど、電気屋さんでソフトを選んでいたら英語関係以外もついつい見てしまい、無駄に欲しくなってしまう。
絵心講座や、クロスワード、育成ゲームなど多数。
旅行に役立つ、トラベルシリーズも出ている。
これは、電車内などのちょっとの空き時間には活躍しそうだ。

凍えそうな木曜の日没は食事を
あまりお肉があまり好きではないおかずはあたりまえに魚がメインになってくる。
で、この季節の、土用丑の日の鰻は、結構イベントだ。
東京の方で鰻を開くときには、背開きという風習が現在も続いている。
どういう事か説明すれば、昔々武士文化だったので、腹開きといえば切腹につながってしまい、良くないため。
対して、大阪を中心にする場所で開かれるウナギには、腹開きである場合が普通。
というのも、西の方は商業の場所なので腹を割って話そうという事に由来するから。
それでも、自腹を切るという取り方も通じるので、シチュエーションによっては良くない時も。
というのも、西の方は商業の場所なので腹を割って話そうという事に由来するから。
それでも、自腹を切るという取り方も通じるので、シチュエーションによっては良くない時も。
こちらの話は、観光バス会社で働いていた時に、毎回、お客様にしゃべっていた豆知識です。
上野駅より出発して、静岡の三島のうなぎを食べるために行くというコース。

笑顔で吠える姉妹と擦り切れたミサンガ

ここ数年、小説を読まなくなった。
学生の時は、ほぼ毎日読んでいたけれど、近頃、仕事があるし、時間をつくりにくい。
時間があったとしても、ゆっくりと好きな小説を読むという心になかなかなれないので、読んでいても楽しく感じられない。
しかし、かなり楽しめる小説に何年ぶりかにに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説がとても好きだから、お二人が賞をとった群像文学新人賞が自分の好みに近いものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
けれど、次世代の輝いている新人小説家がいないかと気にかかるからまた読んでみたい。
しかし、純文学なのだからと無理に分かりにくい言葉を並べているけれど内容が伝わりにくいものも多いから残念だ。

喜んで体操する彼女と草原
わたしは、アレルギー体質で、コスメは少しも使えないし、化粧水も一部だけだ。
そのことから、フルーツやサプリメントの力に頼ってしまうのだが、最近摂取しているのがコラーゲンだ。
飲み物に入れて、毎晩愛飲しているけれど、多少素肌が艶やかになった。
その上、実行してから調子が良くなるまで即効性があったので、感心した。

サイト内メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

サイト内メニュー

Copyright (c) 2015 竹馬の友は今日も大地を行く All rights reserved.