―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

竹馬の友は今日も大地を行く

人生において、「化粧師」の立ち位置ってなんなんだろう。興味無いって思うだろうか。「トマトジュース」は、君にとってはなんの意味があるんだろう。
トップページ >

ページの先頭へ

蒸し暑い大安の深夜はひっそりと

都内で昔から賑わっている下町が、台東区にある浅草。
その中で参拝客の多い仏様が浅草寺。
まさにここ最近、浅草寺詣でに行ってきた。
久しく来た東京の浅草詣で。
再度、自分自身の目できちんと直視して分かったのは、日本人以外のツーリストが多いという事実。
世界中よりツアー客が集まってくる浅草、ちょっと前から明らかに増えている。
それは世界で一番背の高い総合電波塔、東京スカイツリーが建った影響もあるといえるだろう。
近隣からは、羽田のハブ化に伴い便が良いという事から、プラス、ヨーロッパの方や欧米諸国からは、着物や和装小物に憧れを抱いてやってくる観光客が多数だろう。
それはさておきこれからの未来もたくさんの外国人観光客がやってくるということを想像した。
日本の良さを見つけ、ぜひ楽しんで心に残る印象を抱いてほしい。
私はというと、仲見世通りを心行くまで観光することができた。
お土産に有名な人形焼と雷おこしなどをたくさん購入して、櫛やかんざしも見せてもらった。
宝蔵門を通過すると、立派な浅草寺本堂が見えてきた。
この屋根瓦は雨に濡れてもさびにくいチタンを取り入れて、工事を行ったという。
本堂の観音様に日本の平和を祈りしっかり願ってきた。
頑張りがいつかどこかで実りますように。

泣きながらダンスするあいつと夕立
小説家、太宰治の「斜陽」好きの私は、海沿いの安田屋旅館に向かった。
一緒に小説大好きの両親。
その安田屋旅館は、小説家の太宰がこの本の一部を集中して書くために宿泊した宿泊施設。
廊下を動くと、ミシミシと、響く。
ランチのついでに見せてもらったのが、太宰が宿泊した上の階の角部屋。
シルエットのきれいが富士山が少しだけ、頭を出していた。
すぐそこの海にはいけすが張ってあった。
このあたりは来たかいがある。

喜んで体操するあなたと穴のあいた靴下

学生のときから興味はあっても行ったことはない、だけれども、しかし、真っ暗な動物園は、夜に動きやすい動物がとっても勢いがあって見て楽しいらしい。
興味はあっても、真っ暗な動物園は入園したことがないけれど、娘がもうちょっと夜もおきていれるようになったら見に行ってみようと妻と話している。
もう少しだけ動物をこわがらないようになったら、必ず、子供も喜んでくれると思うから。
昼の動物園と異質の様子を俺も少しは経験してみたい。

ひんやりした月曜の深夜は足を伸ばして
仕事で話すようになった女性がいる。
今までに出会ったことのないような方で、トークの内容がいつも面白かった。
それに加えて、彼女は資格マニアだということ。
保育士の資格、潜水士の資格、インテリアコーディネイター。
児童英語教師、漢字検定準1級、そして、元キャビンアテンダント。
公認会計士も受かったとうわさ。
さすがにこれを親友に話したら、君の聞き間違いもあり得ると思う、と言われたけれど。
彼女は、二まわり年上の上司と職場結婚で退職していった。

涼しい大安の夜明けに散歩を

ツアーでも出張でも、韓国に行く機会が多い。
一番は、港町プサン。
観光ももちろんだが、女の人だったら韓国のスキンケア商品やネイルなど興味がある人も多いようだ。
韓国の人見た目、つまり外見を磨くことへの勢いは素晴らしいといわれる。
面接や、パートナー選びの際に、日本に比べてあからさまに判断する傾向が多いとか。
自然と、韓国製のスキンケアなど、美容成分が日本の物より多く含まれている。
という事で、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが効果は期待できるのではないだろうか。

自信を持って吠えるあなたと突風
水滸伝の北方版の人間味あふれていて男気熱い作中人物が、オリジナル水滸伝の108星になぞらえて、主な登場人物が108人でてくるが、敵方、権力側の登場キャラクターも人間くさいのがいて、血が通っていると感じる。
作中人物に現実の人の様な弱さが見えるのもそして、われを忘れるほどはまっていたわけだ。
心が弱いなりに自分の夢とか未来の為に極力苦行をしいられているのが精読していて興奮する。
読み進めていておもしろい。
でありながら、心ひかれる作中人物が悲しい目にあったり、希望がやぶれていく様子も胸にひびくものがあるから魅力的なフィクションだ。

怒って踊る彼と失くしたストラップ

私の誕生日、友達から貰った香水があり、かなり強いフローラルの匂い。
ぴったりなボトルを意識してチョイスしてくれた商品で、ボトルがちっちゃくてリボンの飾りがついていて可愛い。
香りも入れ物も大きくいっても派手とは言い難い香水だ。
香水ストアにはたくさんのボトルが置いてあったが、ひっそりと置いてあったもの。
形はほんとにちっちゃい。
小さくてシンプルで重宝している。
外出するときだけでなく、仕事のときも手提げに、家で仕事をするときは机に置いている。
そのことから、バッグの中は、どれも同じ匂い。
いつでもつけているので、そうでないとき「今日あの香りしないね」と言われる場合もたまに。
香水ショップにていろいろ香りを試すことは好きだが、この香水は今までで最高に気に入っている。

ノリノリでお喋りするあなたと枯れた森
めちゃめちゃ甘いお菓子が好きで、甘いお菓子などをつくります。
普通に自分で一生懸命混ぜて、型に入れオーブンで焼いて作成していたのだけれども、近頃、ホームベーカリーで作ってみたら、めっちゃ手軽でした。
娘にも食べさせるので、ニンジンをすって混ぜたり、バナナを混ぜたり、栄養が摂取できるようにも気を付けている。
シュガーが少量でもニンジンや野菜の甘さがあることによって、喜んで食べてくれます。
近頃は、スイーツ男子なんて言葉もメディアであるから普通だけれど、だいぶ昔は、甘いお菓子を自分で作っているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
ここ最近は、お菓子をつくる男がよくいるねとも言われる。

具合悪そうに大声を出す子供と夕焼け

本日の体育の授業はポートボールだった。
少年は、ボールを使ったスポーツが苦手だったので、不満げに運動着を着ていた。
今日はきっと、球技の得意なケンイチ君ばかり活躍するんだろう。
きっと今日は、球技の得意なケンイチ君の活躍が目だつはずだ。
ということは、少年憧れのフーコちゃんは、ケンイチ君がヒーローになるところを見るなるのだろう。
少年はため息をつきながら、体育の場へと向かった。
でもフーコちゃんは、ケンイチ君じゃなく、少年のほうをチラチラ見てたことを、少年は気がつかなかった。

気分良く踊る弟と冷たい雨
いつものショッピングセンターで食料品を探していた。
冷凍食品cornerチャーハンを探していた。
すると、ハングル文字が書いてある品を探し出した。
良く見ると、韓国で良く見かけるトッポギだった。
先月明洞へ向かった時に、幾度となく韓国に渡航している親友にリスペクトされたのがトッポギだ。
日本で冷凍食品として、韓国のトッポギが購入できるなんて、心外だった。

サイト内メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

サイト内メニュー

Copyright (c) 2015 竹馬の友は今日も大地を行く All rights reserved.